創業者である「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から始まり「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て「日本」が世界に誇るナショナルスポーツブランドとなった「ASICS(アシックス)」。ブランド黎明期には世界のトップアスリートに自社製品を少しでも試して貰う為、様々なスポーツの大会に同氏自らが先頭に立って積極的なプロモーションを行う等、地道な活動と競技者のニーズを汲み取った製品開発を継続。そんな当時のコードネーム「錐揉み(キリモミ)」からインスパイアされ、2008年にはスポーツとファッションやサブカルチャーを結び付ける現代版「KIRIMOMI PROJECT(キリモミプロジェクト)」がスタートし「オランダ」の「Patta(パッタ)」を皮切りに「日本」からは「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」そして「アメリカ」では「ALIFE(エーライフ)」や「David Z(デヴィットジー)」更に「ドイツ」の「solebox(ソールボックス)」と「KOI CLUB(コイクラブ)」や「フランス」からも「colette(コレット)」がエントリーし、様々なアプローチで過去の名作のフィロソフィを継承しながら新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを共に発信。その後も海外では各国のキーアカウントからSMU(スペシャルメイクアップ)としてリリースは続き、大きなムーブメントを生み出しました。2014年FALL/WINTERシーズンより「ASICS」が誇るアーカイブの1つである「GEL-LYTE(ゲルライト)」シリーズが「日本」でも待望のリスタートを切り、翌年の2015年SPLING/SUMMERシーズンから「ASICSTIGER(アシックスタイガー)」の名を冠し、ヘリテージモデルの復刻から最新テクノロジーを融合したエボリュ?ションモデルまで、幅広いラインナップを従えてブランドリローンチを開始。更に同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇る「GEL-LYTE III(ゲルライト3)」が、2015年に25th ANNIVERSARY(25周年)を迎え「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「GEL-LYTE III "TRICO"(ゲルライト3トリコ)」を皮切りに世界連動の「Monthly Collaboration Project(マンスリーコラボレーションプロジェクト)」がスタートし、世界を席巻しました。そんな「GEL-LYTE」シリーズの初代をベースに「HYPERGEL(ハイパーゲル)」を用いて新規開発された「ソールユニット」を融合したニューモデル「HYPER GEL-LYTE(ハイパーゲルライト)」がゲリラリリース決定。1987年に誕生した「GEL-LYTE」は、1986年にリリースされ「GEL(ゲル)」ユニットを初搭載した「GT-II(ジーティー2)」を受け継ぎ「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れ、長期に渡り「安定性」を維持出来る「GEL」を内蔵した「成型ミッドソール」を採用。更に「ヒール(踵)」部分に設置された特徴的な形の「ヒールカウンター」によって優れた「ホールド性」を実現し、シリアスランナーから高い評価を得ました。普遍的な名品の「アッパー」を用いモノトーンカラーで纏めながら「ソールユニット」には「ウレタンスポンジ」に衝撃緩衝材「GEL」を約10?15%組み込む事により高い「クッショニング性」と「反発性」を兼備する「HYPERGEL」を搭載する事でタウンユースモデルとして実用的なエレベートを施しています。「ASICS Tiger」のスタンダードモデルとして不動の地位を築いた「GEL-LITE」シリーズ。ブランドフィロソフィを体現する名機に最新テクノロジーを加え、懐古主義では無く温故知新としてのアプローチを示した今作を足元から体感して見て下さい。

通 常、即日~2日での発送となりますが、店頭在庫がなくお取り寄せの商品につきましては5日間程度お時間を頂く場合もございます。また、メーカーの休業(年末年始など)によりお取り寄せに更に日数 がかかる場合がございます。但 し、メーカー様にも在庫 がなくご用意が出来ない場合もございますのでご了承の程宜しくお願い致します。また、ページ最下部にございます注意事項を予めご確認下さいませ。